支 援



ロータリーの会員は、その時間、技能、専門知識、他の様々な資源を、人間の生活の質の向上にささげます。

クラブ会員は、ロータリー財団のプログラムを通じて国際奉仕を支援しています。ロータリー財団は、1917年、世界で何か善いことをしようという目的で創設されたもので、会員の寄付により支えられています。

少なくとも2つの国のロータリー・クラブが関与するロータリー財団の人道的補助金は、特に開発途上国で、医療や補給品、清浄な飲料水、食料、職業訓練、教育を提供するプロジェクトを支援しています。

大規模な保険、飢餓追放、および人間性尊重(3-H)補助金は、他の人たちの自主自助を助長する持続可能なプロジェクトを支援します。

ロータリーの会員は、また、自身の専門知識・技能を提供し、他の人たちへ思いやりを実証します。毎年、200件を越える補助金が50ヵ国でロータリー・ボランティアに授与されています。